ヤクルトの山田哲がサイクル安打 史上71度目の快挙

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 9回ヤクルト1死一塁、山田哲が右翼に適時三塁打を放ち、サイクル安打を達成=静岡

 ヤクルトの山田哲人内野手(25)が9日、静岡市の静岡県草薙総合運動場野球場で行われた巨人12回戦でサイクル安打を達成した。プロ野球史上71度目(66人)、セ・リーグでは36度目(33人)。球団では2003年に稲葉篤紀がマークして以来の快挙となった。

 山田哲は一回に左前打、五回に左翼ポールを直撃する18号2ランを放つと、七回に左翼越えへの二塁打、九回に右翼への三塁打をマークして達成した。