四女が遺骨引き取り意向 松本元死刑囚、名前挙げる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 6日に死刑が執行されたオウム真理教の松本智津夫元死刑囚=執行時(63)、教祖名麻原彰晃=が、自身の遺体の引き取り先について、具体的に四女(29)の名前を東京拘置所職員に伝えていたことが9日、関係者への取材で分かった。

 四女は代理人のブログを通じ、受け入れの意向を表明。法務省は松本元死刑囚の遺骨を当面、拘置所で保管するとみられる。

 関係者によると、執行直前に職員が松本元死刑囚に意向を尋ねたところ、「四女」と答え、名前も伝えたという。四女はブログで、元死刑囚の意思を知り、驚いたとしつつ「実父の最後のメッセージなのではないかと受け入れることにします」と記した。