広島・岡山中心に不明56人

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 行方不明者の捜索が続く広島県熊野町の土砂崩れ現場=10日午前8時19分

 西日本豪雨の被災地では10日、広島、岡山両県を中心に6府県でなお56人が安否不明で、警察や消防、自衛隊などの関係機関が捜索に全力を挙げた。生存率が大きく下がるとされる「発生後72時間」は既に経過している。死者は12府県で計128人に上った。

 安倍晋三首相は非常災害対策本部会合で「予備費を充て、被災者への緊急支援を迅速に進める」と表明。被災地の食料など生活物資の不足に対処するため、コンビニエンスストアなどへの輸送車両を緊急車両扱いにする方針も示した。