米大統領が最高裁判事に保守派を カバノー氏指名、承認で右傾化も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 米連邦最高裁判事に指名されたカバノー氏(右から2人目)とトランプ大統領(右端)=9日、ホワイトハウス(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は9日、前任者の退任に伴い、新たな連邦最高裁判事に保守派でワシントン連邦高裁のブレット・カバノー判事(53)を指名した。上院の承認を経て就任する。与党共和党は11月の中間選挙までに議会承認したい意向だが、保守色の強い判事には共和党の一部議員と野党民主党が反対する方針で曲折も予想される。

 承認されれば、世論を二分してきた銃規制や人工妊娠中絶、同性婚などを巡る訴訟で最高裁がより右傾化した判断を示す可能性が高まり、トランプ政権には追い風となる。リベラル派は警戒を強めており、国民の分断が一層進みそうだ。