大学野球日本、延長サヨナラ勝ち 最終第5戦、通算成績2勝3敗

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日米大学野球は9日、アトランタで最終第5戦が行われ、日本は4―3でサヨナラ勝ちし、通算の対戦成績を2勝3敗とした。日本は2―3の六回に暴投で同点とし、延長十一回に海野(東海大)の中犠飛でサヨナラ勝ちした。(共同)