松本元死刑囚遺骨「答え控える」 法相が会見で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 上川陽子法相は10日の閣議後記者会見で、死刑が執行されたオウム真理教の松本智津夫元死刑囚=執行時(63)=の遺骨の取り扱いについて「遺族のプライバシーに関わるので、答えは差し控えたい」と述べた。

 遺骨を巡っては、元死刑囚から引き取り先と指定された四女(29)が受け入れる意向を示す一方、妻(59)や三女(35)らも引き渡しを求めている。関係者によると法務省は当面、東京拘置所で保管するとみられる。