テニス、マクラクラン組4強逃す ウィンブルドン第8日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 男子ダブルス準々決勝 プレーするマクラクラン(右)、シュトルフ組=ウィンブルドン(共同)

 【ウィンブルドン共同】テニスのウィンブルドン選手権第8日は10日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子ダブルス準々決勝でマクラクラン勉、ヤンレナルト・シュトルフ(ドイツ)組はフレデリク・ニールセン(デンマーク)ジョー・ソールズベリー(英国)組に6―7、6―4、6―7、6―7で敗れ、四大大会で全豪オープンに続く4強入りを逃した。

 混合ダブルス3回戦で穂積絵莉(橋本総業)とマクラクランのペアはオランダのペアに4―6、1―6で屈した。