奈文研の主任研究員を起訴 カメラを質店売却、業務上横領罪

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 研究で使用していたカメラを質店に売却したとして、奈良地検が業務上横領罪で、奈良市にある奈良文化財研究所(奈文研)の主任研究員大河内隆之容疑者(50)を起訴したことが11日、捜査関係者などへの取材で分かった。起訴は10日付。

 奈良地検によると、2016年4月下旬、研究で使っていたカメラを奈良市の質店に7万円で売却したとしている。捜査関係者によると、同容疑で今年6月下旬に県警が再逮捕していた。「趣味のバイオリンに使う金が欲しかった」と供述している。

 03年に奈文研に入り、年輪年代測定法を研究していた。奈良文化財研究所は「コメントできない」としている。