兵庫県警、仮想通貨を差し押さえ 駐車違反金、全国初

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 兵庫県警が、駐車違反金の滞納を繰り返した県内の男性(59)から仮想通貨計約3800円相当を差し押さえていたことが12日、分かった。県警交通指導課によると、駐車違反に関連して仮想通貨を差し押さえるのは全国で初めて。

 同課は、昨年4月に改正資金決済法が施行され、仮想通貨が法律上財産として認められたことを踏まえ、差し押さえ可能と判断した。

 同課によると、男性は2014年1月~16年7月、駐車違反を4回繰り返すなどして計約10万円を滞納。差し押さえたのは業者に預けていたビットコインなど2種類で、10日付のレートで約3800円相当だった。