東京円、112円台後半

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 13日午前の東京外国為替市場の円相場は、約半年ぶりの円安ドル高水準となる1ドル=112円台後半で取引が始まった。

 午前10時現在は、前日比36銭円安ドル高の1ドル=112円69~70銭。ユーロは23銭円安ユーロ高の1ユーロ=131円48~52銭。

 米株高を受けて海外市場で円を売ってドルを買う取引が優勢となり、東京市場もこの流れを引き継いだ。

 市場では「国内外の株高によって円が売られやすくなっている」(外為ブローカー)との声があった。