中国、対米黒字が13・8%増 1~6月、通商摩擦の悪化も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見する中国税関総署の黄頌平報道官=13日、北京(共同)

 【北京共同】中国税関総署が13日発表した貿易統計によると、1~6月の対米貿易黒字は1337億ドル(約15兆円)となり、前年同期比で13・8%増加した。膨らみ続ける貿易黒字は米国との通商摩擦の要因で、不均衡是正を求めるトランプ米政権との間で緊張がさらに高まる恐れがある。

 1~6月の米国への輸出は13・6%増の2177億ドルだった。一方、輸入は11・8%増の840億ドルにとどまった。

 米国を含めた世界全体との貿易総額は16・0%増の2兆2058億ドルだった。輸出は12・8%、輸入は19・9%それぞれ増加した。貿易黒字は1396億ドルだった。