覚醒剤使用の50歳警部免職 警視庁、10回使用と供述

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 警視庁は13日、覚せい剤取締法違反(使用)の罪で起訴された荏原署の警部、渡部康浩被告(50)を懲戒免職処分にした。警視庁によると、昨年10月ごろに知人に注射器で打たれたのが最初といい、「インターネットで購入して約10回使用した」と供述している。

 渡部被告は6月9日ごろ、ジョギング前に神奈川県横須賀市の入浴施設のトイレで覚醒剤を注射した。「気分が高揚し、気持ちよく走れた」と話している。

 以前から薬物に興味があり、規制前の危険ドラッグを使用したこともあったという。警視庁は購入ルートを調べている。