空き駐車場を貸し借り、ソフトB シェアリング、10月下旬に開始

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 ソフトバンクは13日、空き駐車場を貸し借りして有効利用するシェアリングサービスを10月下旬から全国で提供すると発表した。借り手のドライバーはスマートフォンで簡単に駐車場の予約や料金の支払いができる。企業が持つ駐車場を対象に開始し、順次個人の駐車場にも拡大する。

 貸し手となる企業は、駐車場に車の有無を検知する専用のセンサーを設置することで、時間単位で駐車場を貸し出せる。周辺の駐車場の満車率や料金の相場が分かるシステムも提供する。借り手は専用のアプリで、企業の貸し出す駐車場を検索して利用する。