ホームレス、過去最少に 4千人台、厚労省調査

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 厚生労働省は13日、全国の河川敷や公園などで暮らすホームレスは今年1月時点で前年同月比557人減の4977人だったと発表した。2003年の調査開始以来最も少なく、5千人を下回ったのは初めて。

 厚労省は「自治体の相談や自立支援の取り組みが一定の効果を上げているのではないか」としている。

 男女別では男性が4607人、女性が177人、防寒具を着込むなどして性別不明の人は193人で、全国の300市区町村で確認された。都道府県別では、東京が最多の1242人、大阪1110人、神奈川934人。青森、秋田、山形、奈良、島根、長崎の6県はゼロだった。