三菱モルガンの資格停止、財務省 国債相場操縦で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 財務省は13日、日本国債の先物取引市場で相場を操縦して不当に利益を得たとして、三菱UFJモルガン・スタンレー証券(東京)に対し、国債入札に有利な条件で参加できる国債市場特別参加者(プライマリー・ディーラー)の資格を一時停止すると発表した。期間は18日から8月17日までの1カ月間。

 今回の不正を巡っては、証券取引等監視委員会が6月、金融商品取引法に基づき課徴金約2億1800万円を納付させるよう金融庁に勧告。金融庁は処分に向け調査を進めている。