法務省かたる詐欺相次ぐ 全国で被害1億2千万円

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 法務省の名をかたり送られたはがき

 法務省の名をかたる架空請求詐欺事件が全国各地で相次ぎ、これまでの被害額は計約1億2千万円に上ることが14日、分かった。「裁判の被告になった。連絡がなければ財産を差し押さえる」との内容のはがきを送って不安をあおり、連絡してきた被害者から金をだまし取る手口で、法務省がホームページなどで注意を呼び掛けている。

 法務省によると、2017年4月から18年3月末までに、全国の消費生活センターに計3万1615件の相談が寄せられ、うち113件は実際に被害に遭っていた。