残業月45時間超で健康対策義務付けへ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大企業では2019年4月から適用される残業時間の上限規制で、月45時間を超えて残業させる場合、厚生労働省が従業員の健康を確保するための対策を義務付ける方向で検討していることが14日、分かった。