熱中症、全国で1042人搬送 静岡で90代男性死亡

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 各地で厳しい暑さとなった14日、熱中症とみられる症状で救急搬送された人が全国で1042人に上ったことが共同通信の集計で分かった。うち静岡県で1人が死亡した。

 都道府県別で搬送者が最も多かったのは大阪府の118人。次いで、愛知、福岡両県がそれぞれ89人、埼玉県の56人、岡山県の48人などだった。

 消防によると、午後0時40分ごろ、静岡県南伊豆町で90代の男性が自宅の外で倒れているのを付近の住民が気づき119番。男性は病院で死亡が確認された。草刈りをしていたとみられる。