「臼井被告らに親から謝礼」と指摘

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京医科大の内部調査委員会は、前理事長の臼井正彦被告(77)と前学長の鈴木衛被告(69)について「得点調整をした受験生の親から、謝礼を受け取ることもあったようだ」と指摘した。