強い台風13号、関東へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 台風13号の予想進路(7日18時現在)

 強い台風13号は7日、伊豆諸島の南海上で北上を続けた。今後は勢力を維持し、8日夜から9日明け方にかけて関東にかなり接近、上陸する恐れもある。気象庁は大雨や暴風、高波、高潮に厳重な警戒を求めた。

 気象庁によると、台風周辺の雨雲と前線の影響で、関東から東北の太平洋側は台風接近前の8日午後から9日にかけて非常に激しい雨が降る。台風が接近とともに速度を落とすこともあり、影響は長引く。総雨量がかなり多くなる恐れがある。

 9日は東北の太平洋沿岸を北上する見通し。猛烈な風が吹き、海上は大しけとなる。

 8日は空の便にも影響が出そうだ。