独で列車沿線火災、28人負傷 熱波による乾燥で拡大

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ベルリン共同】ドイツ西部ジークブルクで7日、超高速列車ICEの沿線の茂みから出火し近隣住宅など建物8軒に燃え移り、28人が煙を吸うなどして負傷した。DPA通信が報じた。

 当局は通過列車から出た火花が出火原因とみて調べている。熱波で沿線の茂みなどが乾燥していたため、一気に燃え広がったとみられる。