がん9例検診で発見できた可能性と和歌山県

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 和歌山県などは8日、和歌山市が実施したがん検診約4万例のデータを追跡調査した結果、受診後2年以内にがんを発症したケースが66例あり、うち9例は検診で発見できた可能性があると明らかにした。