NY市、ウーバー規制へ 全米初、法案可決

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】ニューヨーク市議会は8日、米配車大手のウーバー・テクノロジーズやリフトなど配車サービスの車両台数増加を1年間許可しない法案を可決した。米メディアによると、デブラシオ市長が近く署名し成立する見通し。

 成立すれば、米国で初めて配車サービスの車両台数を制限する都市になる。ニューヨークではウーバーなどによる配車サービスの利用増加に伴い、仕事が減少したタクシー運転手が生活苦で自殺するケースが相次ぎ、配車サービス規制を求める声が強まっていた。