中国の物価2・1%上昇 7月、上げ幅拡大

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【北京共同】中国国家統計局は9日、7月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比で2・1%上昇したと発表した。伸び率は前月より0・2ポイント拡大し、4カ月ぶりに2%台となった。原油価格の上昇などが影響した。

 自動車燃料の値上がりが大きかった。医療・保健や旅行関連も上昇している。物価全体に与える影響の大きい豚肉価格は下落したが、下落幅は前月より縮小した。中国は米国との貿易摩擦で対抗措置として関税を引き上げたため、輸入品を中心に価格が上昇するとみられている。