自転車は「超難関」富士山コース 東京五輪のロードレース

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 富士山を望みながら山岳地帯を巡り、富士スピードウェイへ

 2020年東京五輪の自転車ロードレースのコースが9日発表され、男子は武蔵野の森公園(東京都府中市など)を出発し、富士山を望みながら山岳地帯を巡って富士スピードウェイ(静岡県小山町)にゴールする総距離約244キロのルートとなった。大会組織委員会は起伏が激しく、カーブの多い「超難関コース」としている。東京都と神奈川、山梨、静岡各県の計15市町村を通過する。

 最初の10キロはタイムに含まれない「パレード走行」と呼ばれる区間で、多摩川に架かる是政橋で正式なレースがスタート。相模原市に入り、山間部へ向かう。「道志みち」と呼ばれる国道413号を経て、山中湖の湖岸を走り抜けた後は南下して富士山麓を回る。険しい上りが続き、1451メートルの最高到達点を通過。その後、三国峠に向かって最大斜度20%の急峻な上りがあり、フィニッシュへ向かう。スタートからゴールまでに上る高さの合計「獲得標高」は男子で約4865メートルに達し、組織委によると記録がある08年北京五輪以降最大になるという。

 男子は開幕翌日の7月25日、女子が同26日に実施。女子は富士山麓の周回などがカットされた総距離約147キロで、獲得標高は約2692メートル。

 自転車ロードは皇居外苑を発着点とする計画だったが、テレビ映りやコースの難易度アップなどを理由に変更された。