富士フ、司法判断で協議か撤退

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見する富士フイルムホールディングスの助野健児社長=9日午後、東京都中央区

 富士フイルムホールディングスの助野健児社長は9日の記者会見で、暗礁に乗り上げている米事務機器大手ゼロックスの買収計画について司法判断を見極め、一定期間で協議継続か買収撤退かを判断する考えを示した。ただ、ゼロックスは買収反対派が取締役会の過半を占めている。協議継続を決めても膠着状態の打開は見通せない。

 助野氏は「9月から始まる(買収差し止めの仮処分に対する)上訴審でわれわれの計画がベストと粛々と訴えていく」と述べた。仮処分を覆した上で、買収条件を見直さずに、ゼロックスと交渉を再開することに期待感を示した。控訴審の結論にどの程度の時間を要するかは不明。