千葉の市議、香港で入境拒否 民主派支持理由か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【香港共同】千葉県白井市の和田健一郎市議(39)は10日、香港国際空港で9日夜に入境を拒否されたと明らかにした。出入境管理当局は理由を明らかにしなかったという。和田氏は10日、日本に帰国した。

 中国外務省の香港出先機関は3月、和田氏が香港立法会(議会)補選の際に「民主派候補を支持し、中国の内政に干渉した」などとして、在香港日本総領事館に厳正な申し入れを行ったと表明していた。

 香港政府は最近、香港独立派政党に対する活動禁止命令の検討を表明するなど独立派への圧力を強めている。中国系香港紙は3月、和田氏について、台湾独立を支持する「反中分子」と報じていた。