鹿児島・志布志で「獄友」上映会 菅家氏、理不尽捜査で冤罪と批判

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ドキュメンタリー映画「獄友」の上映会後のトークショーに登壇した桜井昌司さん(左)と菅家利和さん=11日、鹿児島県志布志市

 無実を訴え続けながら長期間、獄中生活を送った人たちの交流を描いたドキュメンタリー映画「獄友」の上映会が11日、鹿児島県志布志市であり、映画に登場し、再審無罪を勝ち取った足利事件の菅家利和さん(71)と布川事件の桜井昌司さん(71)らが上映後のトークショーで冤罪を生む理不尽な捜査を批判した。

 志布志市に隣接する同県大崎町で男性の遺体が見つかり、殺人罪などで服役した原口アヤ子さん(91)が再審請求している「大崎事件」の弁護団などが企画した。

 映画では、菅家さんらが親の死に目に会えなかった無念を語り合う姿や、桜井さんの再審無罪を祝う旅行の様子が描かれた。