中7―8ヤ(11日) ヤクルトが八回に逆転

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 1回ヤクルト2死、山田哲が左中間に先制本塁打を放つ=ナゴヤドーム

 ヤクルトが両チーム計27安打の打撃戦を制した。5―7とされた後の八回2死無走者から青木の適時二塁打、山田哲の2点右前打など4連打で逆転した。山田哲は4安打4打点。ハフが2勝目。2度リードを奪った中日は又吉が崩れた。