トルコ大統領「新同盟国探す」 米に警告、寄稿で批判

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【イスタンブール共同】トルコのエルドアン大統領は10日、米紙ニューヨーク・タイムズへの寄稿で、米国が長年の同盟国であるトルコへの一方的で失礼な行動をやめなければ、トルコは「新たな仲間や同盟国を探し始めなければならなくなる」と警告、米国を批判した。

 エルドアン氏は寄稿で、トルコへの一方的な対応は米国の利益や安全をむしばむだけだと主張。手遅れになる前に、両国関係が対等でなくても良いという誤った考えを捨てるよう求めた。

 トルコ在住の米国人牧師の拘束を巡り、米国がトルコの2閣僚に制裁を科したことを「受け入れられない」と非難。トルコは報復措置を発表した。