恵庭女性殺人で元同僚釈放

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 大越美奈子さんの出所後、取材に応じる伊東秀子弁護士=12日午前、札幌市

 北海道恵庭市で2000年3月に女性会社員が焼かれた遺体で見つかった殺人事件で、殺人と死体損壊の罪で服役していた元同僚の大越美奈子さん(48)が懲役16年の刑期を満了し、札幌刑務支所から12日、釈放された。

 大越さんは00年5月の逮捕時から一貫して無実を主張したが、札幌地裁は03年、被害者の携帯電話の位置情報と大越さんの足取りがほぼ一致するなどの状況証拠から有罪を認定した。札幌高裁、最高裁も支持し、06年10月に判決が確定した。

 確定判決によると、大越さんは00年3月、交際男性を巡るトラブルから同僚を殺害し、恵庭市の市道上で灯油をかけて焼いたとされる。