ソフト日本、米に惜敗し優勝逃す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 日本―米国 タイブレーク延長10回、逆転サヨナラ負けを喫し、天を仰ぐ上野=ZOZOマリン

 ソフトボール女子の世界選手権最終日は12日、千葉市のZOZOマリンスタジアムで行われ、世界ランキング2位の日本は決勝で世界1位の米国にタイブレークの延長十回、6―7で逆転サヨナラ負けを喫し、2大会連続準優勝に終わった。

 準決勝で米国に敗れた日本は、敗者復活を兼ねた3位決定戦で上野(ビックカメラ高崎)が完封してカナダに3―0で勝ち、決勝に進出。連投した上野が2―0の三回に逆転3ランを浴び、延長に入ってもリードを守れなかった。

 米国は2大会連続11度目の優勝を飾り、2020年東京五輪の出場権を獲得した。