海山事故、6人死亡35人けが

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 お盆期間序盤の日曜日となった12日、全国各地の海や山などで事故が相次いだ。共同通信のまとめでは6人が死亡、3人が行方不明となり、35人が負傷した。

 北海道石狩市の海岸では父親の同僚らとバーベキューに来ていた札幌市南区の高校3年中村大貴さん(18)が溺れて死亡した。海中で貝を探していて深みにはまったとみられる。京都府舞鶴市や山口県長門市の海水浴場でも、それぞれ男性が死亡した。

 石川県七尾市ではシュノーケリングをしていた金沢市の男性会社員(36)が亡くなった。浜松市西区の浜名湖でも、泳ぎに来ていた20代とみられる男性が溺れ、病院で死亡が確認された。