大リーグ、大谷が2点適時打 牧田は1回無失点

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 アスレチックス戦の8回、2点打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは12日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアナハイムでのアスレチックス戦に「3番・指名打者」でフル出場し、八回に2点適時打を放つなど5打数1安打2打点、3三振だった。チームは7―8で敗れた。

 パドレスの牧田は傘下のマイナー、3Aエルパソからメジャー昇格し、フィリーズ戦で9―3の九回に4番手で投げて1回を1安打無失点で試合を締めた。チームはそのまま勝った。

 ダイヤモンドバックスの平野はレッズ戦で5―2の八回に3番手で登板し、1回を1安打無失点だった。チームは9―2で勝った。