葛西選手らが被災した3町訪問 北海道地震、支援物資届ける

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 平昌冬季五輪ノルディックスキー・ジャンプ代表の葛西紀明選手や伊藤有希選手らが12日、北海道の地震で被災した厚真町など3町を訪問し、支援物資を届けた。

 葛西選手は訪れた厚真町の避難所で記念撮影したり、手を振ったりしていた。「事前に町の様子を聞き、バスタオルなど不足している物を持ってきた。少しでもお役に立てたら」と話した。

 所属する土屋ホームによると、葛西選手が発案してむかわ、厚真、安平の3町に布団や歯ブラシ、肉など計約100万円分を届けた。

 避難所で握手したという農業山川健二さん(49)は「突然でびっくりした」と笑顔を見せた。