新在留資格の検討会初会合 年内に環境整備対応策

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策検討会」の初会合の冒頭、あいさつする上川法相=13日午後、法務省

 外国人労働者を受け入れる新たな在留資格の創設や、日本に住む外国人との共生のための環境整備を議論するため、政府が設置した検討会の初会合が13日、法務省で開かれた。冒頭、上川陽子法相は「施策の企画や立案への意見を幅広く聴取し、検討を深めたい」と発言。検討会は数回会合を開き、年内に対応策を取りまとめる方針。

 外国人の受け入れ拡大を求めている業界や外国人側から、施策への意見を募るため、法務省に「『国民の声』を聴く会議」も13日付で設置し、初会合を開催した。