ハリケーン公式死者数否定 米大統領、身内からも反発

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 11日、米中枢同時テロの追悼式に出席したトランプ大統領=米東部ペンシルベニア州シャンクスビル(UPI=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は13日、昨年9月に米自治領プエルトリコを襲ったハリケーン「マリア」による死者数について「3千人も死んでいない」とツイッターに投稿した。地元当局が公式認定した死者数を否定した形となり、プエルトリコに加え身内の与党共和党からも反発や異論が相次いだ。

 ロイター通信によると、大型ハリケーン「フローレンス」の米東部上陸が近づき、政府対応に万全を期さなければいけないタイミングでの"ご乱心"ツイートに、一部のホワイトハウススタッフは困惑しているという。