エッフェル塔に金びょうぶ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 日本をイメージしてライトアップされたエッフェル塔。燕子花図☆(尾の毛が併の旧字体のツクリ)風のイメージ=13日、パリ(共同)

 【パリ共同】パリのエッフェル塔に太陽や金びょうぶなど日本の象徴や芸術を投影する特別ライトアップが13日行われ、「鉄の貴婦人」とも呼ばれる観光名所を包んだ光のアートに多くの観光客や市民が目を奪われた。

 照明デザイナーの石井幹子さんと長女のリーサ明理さんが手掛けた。日仏友好160周年を記念してフランスで開催中のイベント「ジャポニスム2018」の一環。フランスを訪問中の皇太子さまが点灯式に臨まれた。

 笛や琴の音、和洋折衷にアレンジしたフランスのクラシック曲などと共に約700の照明器具を使って尾形光琳の「燕子花図屏風」などを繰り返し塔に投影した。