100歳以上6万9785人 48年連続増、女性が88%

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 都道府県別人口10万人当たり100歳以上の高齢者

 「敬老の日」(今年は17日)を前に、厚生労働省は14日、100歳以上となる全国の高齢者は6万9785人に上り、48年連続で増加したと発表した。昨年比で2014人多く、女性が88・1%を占めた。健康志向や医療技術の進歩で、20年前の6・9倍、10年前の1・9倍となった。同省の担当者は「元気に過ごせる期間がのびるような取り組みを進める」としている。

 住民基本台帳を基に15日時点で100歳以上となる人数を都道府県などを通じて集計した。内訳は、男性が8331人(前年比139人増)、女性が6万1454人(同1875人増)。

 居住地では、東京が最多の5973人。