経産相、節電目標見直しへ 北海道の電力不足、水力再稼働で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 閣議後に記者会見する世耕経産相=14日午前、経産省

 世耕弘成経済産業相は14日の閣議後の記者会見で、北海道地震による電力不足を受けた節電目標や計画停電の在り方について同日夕に発表すると表明した。揚水式の水力発電、京極発電所1号機(京極町)が13日に再稼働するなど北海道電力の供給力が徐々に回復している状況を踏まえ、2割の数値目標の見直しなどが柱になる見通しだ。

 世耕氏の夕刻の表明後、北海道電力の真弓明彦社長が札幌市内で記者会見し、当面の対応を説明する。

 世耕氏は「北海道経済や道民の皆さまの生活、健康への影響に配慮したい」と説明。北海道電や北海道の高橋はるみ知事と協議し、判断すると述べた。