熊谷6人殺害、遺族男性が県提訴

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 埼玉県熊谷市で2015年、男女6人が殺害された事件で、妻と小学生の娘2人が犠牲になったのは県警が不審者情報を周辺住民に知らせなかったためだとして、遺族の男性(45)が14日、県に約6400万円の損害賠償を求め、さいたま地裁に提訴した。事件は発生から3年。

 一審判決などによると、ペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(33)=強盗殺人などの罪で死刑判決、控訴=は15年9月13日、任意同行先の熊谷署から逃走。翌14~16日、住宅3軒で計6人を包丁で刺すなどして殺害した。