大型の台風22号、比で3人死亡

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 15日、台風の影響で水に漬かったマニラの道路(AP=共同)

 【トゥゲガラオ、ラワグ(フィリピン北部)共同】大型で非常に強い台風22号は15日、フィリピン北部ルソン島を横断し、現地では暴風雨が続いた。大統領報道官は、3人の死亡を確認したと発表。救助当局は、暴風域内の住民の安否確認など被害の全容把握を続けた。犠牲者数は今後、増える恐れがある。

 大統領報道官らによると、ルソン島北部バギオでは土砂崩れに巻き込まれて2人が死亡。マニラの増水した川で1人の遺体が見つかった。

 政府は沿岸部や低地などに住む約100万人に避難命令を出した。気象当局によると、台風22号の中心は15日午前、西方の南シナ海に抜けた。