テニス、大坂の姉は予選敗退 妹が観戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 予選1回戦で敗退した大坂まり=アリーナ立川立飛

 テニスの東レ・パンパシフィック・オープンは15日、東京都のアリーナ立川立飛で予選1回戦が行われ、20歳で全米オープンを日本勢として初制覇した大坂なおみ(日清食品)の姉で22歳のまりはドイツ選手に1―2で敗れた。本戦に出場する大坂なおみも途中から観戦。拍手を送り、祈るようなしぐさも見せた。

 大坂まりは長身の相手のサーブに苦しんだが、第2セットは奪い返すなど見せ場もつくり「(ハードコートの)初戦にしてはそんなに悪くなかった」と納得の表情で話した。妹の快挙は遠征先のフランスでテレビ観戦しながら見届けたそうで「すごくうれしかった」と笑みを広げた。