和歌山、要人警護の経験なし 拳銃落とした巡査

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 和歌山県警の男性巡査が拳銃を落とした現場付近=15日午前、和歌山市

 和歌山県警機動隊の20代の男性巡査が和歌山市で安倍晋三首相らの車列を警護中に拳銃を落とした問題で、巡査が要人警護に就いたのは初めてだったことが15日、県警への取材で分かった。県警警備部が実施する警護訓練には複数回参加していた。県警は、拳銃の携帯方法に不適切な点はなかったとしているが、落とした経緯や状況を詳しく調べている。

 拳銃を拾い、周辺を捜していた警察官に届けた住民男性が「本物かおもちゃか分からず、いったん自宅に持ち帰った」と話していることも判明。安全装置が掛かっており、使用された形跡はなかった。