原田がボルダリング初制覇

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 男子ボルダリング決勝 優勝した原田海=インスブルック(共同)

 【インスブルック共同】スポーツクライミングの世界選手権第9日は15日、インスブルックで男子ボルダリングの決勝が行われ、19歳の原田海(神奈川大)が初優勝を飾った。前回2016年大会の楢崎智亜(TEAM au)に続いて2大会連続で日本勢が同種目を制した。

 6人による決勝では原田がただ一人、4課題全てをクリアした。25歳の渡部桂太(住友電装)が4位、25歳の藤井快(TEAM au)が5位だった。

 リード、スピード、ボルダリングを終え、20年東京五輪でも実施される3種目の複合で原田が1位、楢崎智が2位、藤井が4位となり、上位6選手による16日の決勝に進出。