特急にはねられ高校生死亡、奈良 自殺か、携帯に学業の悩み

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 15日午後10時ごろ、奈良市あやめ池南2丁目の近鉄奈良線菖蒲池駅で、線路内に立ち入った同市の男子高校生(17)が近鉄奈良発大阪難波行き特急電車にはねられ死亡した。乗客約30人にけがはなかった。

 奈良西署によると、死亡したのは奈良県内の公立高の3年生で、学生証を持っていた。スマートフォンに学業への悩みや遺書のような内容の書き込みがあり、自殺とみている。

 近鉄によると、電車が駅を通過する際、ホームから線路に自ら転落した男子生徒に運転士が気付き、急ブレーキをかけたが間に合わなかった。東生駒―大和西大寺間で一時運転を見合わせ、上下計22本が運休した。