「非核化先行」説得見通し 韓国大統領、正恩氏に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 インタビューに答える韓国の丁世鉉・元統一相=13日、ソウル(共同)

 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領が18~20日の南北首脳会談で、金正恩朝鮮労働党委員長に対し、米国の体制保証措置に先立って非核化への具体的な行動を取るよう説得し、北朝鮮が保有する核弾頭や関連施設リストの申告期限の明示を求める見通しだと丁世鉉・元韓国統一相が明らかにした。丁氏は文氏のブレーン。16日までの共同通信のインタビューで話した。

 文氏は13日に丁氏を含む諮問団との会合で、北朝鮮が保有する核兵器などを「廃棄する段階に入らなければならない」と述べ、北朝鮮に求める行動に初めて言及した。平壌で開かれる会談で米朝協議の膠着打開のため、早急な行動を促す考えだ。