大分空港の小型機は胴体着陸と国交省

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 国土交通省の大分空港事務所は、同空港の滑走路閉鎖について、小型機が胴体着陸して立ち往生したためと明らかにした。搭乗員は男性1人で無事。火災も発生していない。