高浜3号機、7日再起動へ 営業運転は12月、関電

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 関西電力は6日、定期検査で停止中の高浜原発3号機(福井県高浜町)の原子炉を7日に起動すると発表した。9日の発送電開始、12月上旬の営業運転再開を予定している。

 定検では、蒸気発生器の伝熱管2本に傷や摩耗した跡が見つかり、それぞれ栓をして使用しないことにした。9月には、原子炉格納容器内で点検作業をしていた協力会社の男性作業員が、計画線量(1日当たり0・9ミリシーベルト)を上回る1・81ミリシーベルトの被ばくをするトラブルがあったが、健康への影響はなかったという。

 燃料集合体は計157体のうち77体を交換。MOX燃料は28体で、プルサーマル発電を行う。