中国首相とIMFトップら、保護主義に懸念

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【北京共同】中国の李克強首相と、国際通貨基金(IMF)など国際機関トップら6人は6日、北京で会談し、保護主義への懸念と自由貿易の推進で一致した。米中間選挙を念頭にトランプ大統領をけん制した。